【営業編】営業ノウハウを蓄積し、全国の社員に浸透させる

優秀な営業マンは、ノウハウを持っている。ノウハウを持たない営業マンは、どうすればノウハウを身につけられるのか。優秀な上司から直接学べることが理想的だ。しかし、優秀な営業マンは少なく、教えられる人数に限界がある。

eラーニングで社内トップ営業マンから1万人にノウハウを伝授

これまでトップ営業マンからノウハウを学ぶ一番良い手段は同行することだった。しかし、同行できる人数は限られている。また、社内研修を行うといっても、忙しいトップ営業マンの時間を割くのは難しい。eラーニングなら、1万人の社員がトップ営業マンからノウハウを学ぶことができる。ノウハウを持つ多くの営業マンを育成できれば、売上もおのずと上昇するだろう。

勤務地に関係なく、ノウハウを学べる

全国に支店や子会社を置く企業の経営者は、本社に優秀な人材がいるものの、地方で人材育成に苦労している方も多いだろう。東京本社のトップ営業マンのノウハウを全国の社員に身につけてほしいと願うはずだ。しかし、全国に教えてまわる時間はないことが多く、学ぶ側も日常業務で忙しく、時間がなく、現実的でない。

eラーニングなら、コンテンツ作成のために一度だけトップ営業マンに時間を割いてもらいさえすれば、全国の社員はいつでもどこでも学べる。家のパソコンで学べることはもちろん、次のアポイントまでの隙間時間にタブレットで最終確認を行うことも可能だ。その結果、社内にノウハウが深く、早く浸透するだろう。

異なる社員が持つノウハウを合わせ、独自の営業スタイルを確立できる

また、複数の優秀な営業マンから、異なるノウハウを学び、自分に合ったノウハウを確立できる点も大きなメリットだ。トップ営業マンといえど、ノウハウを網羅していないはずだ。性格が全く異なる人のノウハウを学んでも実践できるとは限らない。様々なノウハウを学び、自分で実践できそうだ、と思うものを組み合わせて身につけられればベストだろう。

さらに、動画で学べば、話し方や声のイントネーション、表情の変化などのビジネス書やマニュアルでは学びきれない細かなノウハウまで習得できるのだ。

この記事のまとめ

eラーニングなら、人数や勤務地に関係なく、社内のトップ営業マンからノウハウを学ぶことができる。さらに、異なるタイプのノウハウを学ぶことで、社員は自分に合った独自の営業スタイルを習得できる。その結果、全国に優秀な営業マンを育成できるだろう。

関連キーワード: