IT教育によく登場するキーワードに対するeラーニングLearnOの答え

eラーニングを含むIT教育の分野は日進月歩で、次々と新しいビッグワードが登場しています。これらのワードにはeラーニングのこれからを示すようなものも含まれており、教育担当者を任命された方はしっかりと押さえておきたいところです。

そこで、IT教育に関連するビッグワードをeラーニングLearnOがどう解釈し、問題解決しているのかを解説したいと思います。

受講率上昇とコスト削減という大きなテーマをLearnOが解決

ここまでeラーニングが注目され、導入が進んでいるのは大きな2つのキーワードに対する解決が可能だからです。これが、その2つのビッグワードです。

IT教育に関するビックワードの解決
・受講率の上昇
・人材育成のIT化による人件費などコスト削減

IT化の本質は効率化とコスト削減なので、eラーニングはこの両者を見事に反映した教育メソッドだということが分かります。

LearnOは初期費用が無料で、受講生一人あたり299円(税別)〜990円(税別)という低価格で本格的かつ他に類を見ないユニークなeラーニングを導入することができます。eラーニングによる受講率の上昇という時代のトレンドに備え、各方面の企業様や団体様での導入が進み、1年間で5万人以上の方々が新規に利用されています。

No.4A

すぐに使いこなせる簡単操作のLearnO

eラーニングを導入し、思い通りの学習効果を上げるには管理者が簡単に教材をどんどん投入できる操作性も重要です。せっかく受講者がやる気になってくれても管理者が億劫になってしまったのでは意味がありません。

そこでLearnOは、管理者による動画や教材のアップロード、講座やeラーニングの各設定をシンプルな画面と簡単操作で実現。「直観的なeラーニング」というLearnOの開発コンセプトは、管理者画面にも貫かれています。

キャプチャ5

開発スタッフより一言

学習効果を高めつつ、コストは削減したい。そんな時代のニーズをかなえてくれるのがeラーニングです。LearnOはそんなeラーニングが持つメリットを最大限に活かしつつ、その効果が持続するような設計となっています。そのための管理者用画面はとてもシンプルな構成になっていて、余計なもの、ムダなものを一切排除しました。その一方で必要な機能は全てカテゴリー別にスッキリと配置し、管理者は直感的に操作を覚えることができます。簡単操作で動画や教材などをどんどんアップロードしていただけるので、管理者側の事情による進行の遅れという問題を無くしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る