eラーニングの開店休業を防ぐための方法が知りたい方へ

eラーニングはとてもメリットが大きい教育手法として普及が進んでいますが、それと同時に導入先である問題が顕在化しています。それは、導入したものの利用されず開店休業の状態に陥っていること。

個人が自分のペースで学習できることは、その一方でサボるのも自分次第というわけです。やがてそれが管理者にも「伝染」して、受講していないものを管理する必要がないとして全体のモチベーションが下がるという悪循環です。

導入したら管理者はちゃんと使ってくれるのだろうか?社員はちゃんと受講してくれるのだろうか?そんな不安を解消するための説明資料作りを考察します。

管理者に伝えるメリットはコストと時間効率

eラーニングのLMSを操作して教育を実施するのは、管理者です。この管理者本人のモチベーションが低いようでは受講者に対するサービスも希薄になり、eラーニングが開店休業になる危険性が非常に高くなります。

それを防ぐために必要なのは、管理者にLearnOのメリットを理解してもらうこと。管理者に知ってもらいたいLearnOのメリットには、主に以下のようなものがあります。

○LearnOのメリット
・初期費用が無料
・教育のIT化による人材育成コストの削減
・効率的な時間の使い方が可能に

これらは会社全体にとっての大きなメリットなので、管理者だけでなく経営サイドにも理解してもらうのが理想的です。そんなに良いものであれば、しっかり活用して結果を出せるようにしようと思ってもらうことが、eラーニング成功の第一歩です。

自由な学習場所、時間効率…受講者目線のメリットも知ってもらう

LearnOのメリットは、もちろん受講者にもあります。受講者のメリットとしてLearnOの大きな特徴として挙げられるのはパソコンだけでなくスマホやタブレットでも受講が可能だという点です。

パソコンの前に座らなければ学習ができないのではなく、スマホやタブレットなど持ち歩ける端末でも受講が可能なので、文字通りいつでもどこでも受講ができて時間をムダにしません。学習場所を選ばない点、時間効率が高い点は管理者にとっても分かりやすいメリットだと言えます。

LearnOユーザー画面_SP_トップページ

開発スタッフより一言

eラーニングシステムのLMSを操作する人、管理者はキーマンです。この人がeラーニングの意義や価値を理解することで活性化されることが、eラーニング成功の第一歩となります。この段階でつまずいてしまわないためにも、LearnOは導入の簡単さや分かりやすい説明動画などをご用意しています。直感的な操作で本格的なeラーニングを実施できるLearnOの優位性を管理者に理解してもらい、より良いeラーニングにしていただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る