せっかくなので管理者への社内説明にもLearnOを活用しよう

管理者にeラーニングの仕組みやLearnOの使い方を理解してもらうことは、eラーニングによる教育実施の成否を握る重要なステップです。人にものを教えるeラーニングでもあるので、管理者にそれを理解してもらうところでつまずいているわけにはいきません。

そこで今回は、社内説明に要する適切な時間と、その結果としての理解度を効率良くチェックする方法について述べていきましょう。

人間の集中力が続く時間の短さはeラーニング教材にも反映

一説によると、人間の集中力が続くのは15分程度だと言われています。元から関心を持っていることであれば別だと思いますが、業務上の知識など仕事上覚えなければならない知識となると自ずと短くなり、15分限度説が現実味を帯びることになります。

この法則を、社内説明資料にも応用してみましょう。社内説明に要する時間を、人が耐えられる15分を限度にまとめるのです。

ついでに、その社内説明をした上で15分以内にまとめた理由を説明し、それがeラーニングにも反映されていることを説明すれば、eラーニングが持つ価値をより強く伝えることができます。

理解度チェックテストの使い方と活用方法でダメ押し

LMSが持つ機能は多彩ですが、受講者の理解度をチェックする機能に長けているのも大きな特徴です。LearnOも理解度チェックのためにテストを活用しており、簡単に作成ができて、その結果についてもオンラインですぐに評価可能です。

せっかくなので、管理者への説明についての理解度を、LearnOのテスト機能を使って測ってみてはいかがでしょうか。効率良く理解度を知ることができる上に、管理者に対する操作デモにもなります。

LearnOなら反応の成果をすぐにオンラインで評価可能なので、管理者にその流れを見てもらうことで、eラーニングによる社員教育の進め方をリアルに感じてもらえるはずです。

No.15A

開発スタッフより一言

管理者というeラーニングのキーマンへの説明も、せっかくなのでLearnOを活用してみてください。eラーニングによる学習をリアルに感じてもらえるだけでなく、管理者側の立場でその結果がどのように反映されるのかという一連の流れを知っていただけるはずです。

関連キーワード: