いざ導入!LearnO導入までのスケジュールを時系列に解説

eラーニングLearnOの導入を決めた時から、導入完了までにはどんなスケジュールをこなす必要があるのでしょうか。導入までの流れについてもご質問が多いので、時系列に導入までのスケジュールをまとめました。

契約書類などの事務処理

まずは、お申込みから始まります。申込書と契約書を作成し、それぞれ署名をいただきます。これにより、LearnOでお客様の教育・研修をスタートするための準備が始まります。

お客様の要件をお聞きすることから構築スタート

LearnOは既製のeラーニングシステムですが、柔軟なカスタマイズが可能なのもセールスポイントのひとつです。そこで、eラーニング導入にあたってお客様のご要望や導入目的などをお聞きする導入ヒアリングから構築が始まります。

LMSに機能を追加したり、レイアウトなどをお客様の仕様に変更することも可能です。LearnOの契約者様専用サイトの構築もこの要件ヒアリングを経て進められます。

教材や動画などのご準備

LearnOのシステム構築や契約者様のサイトなどは、いわゆる「箱」です。eラーニングを始めるには、そこに入れる中身が必要です。その中身にあたるのが教材コンテンツで、これはお客様にご準備いただきます。

動画だけでなくPDFやWord文書など、さまざまなファイル形式のデータを掲載可能なので、eラーニングに使用したいファイルをどんどんアップロードしてください。素材をアップロードしていただくと、LearnOがそれをeラーニング用の教材として使えるように組み立てます。

ここまで作業を経て、eラーニングの導入は完了です。これで受講が可能になるため、以後の作業はシステムや受講管理の作業がスタートします。おおむねここまでに要する時間は1週間~数週間程度です。

開発スタッフより一言

簡単、手軽に始められてこと、そして柔軟なカスタマイズによってお客様の利用シーンにフィットするeラーニングを実現するのがLearnOです。そのため、構築作業はお客様からの要件ヒアリングから始まります。既製品対応のみではないところも、LearnOの特徴です。

システムという「箱」の構築が完了した後は、お客様による教材のご準備に移りますが、教材のご準備についてもLearnOによるサポート、または教材作成代行も可能です。このような態勢を整えることで、まずは始めてみたいというお客様のご要望を実現いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る